離婚回避できる手紙を書きたい、妻の心を動かせる例文ってあるのか?

離婚 回避 手紙 例文

 

離婚を回避できる手紙の例文ってあるの?家庭を壊したくない

 

妻とうまくいかなくて離婚危機、よくある話かもですがあなたも悩んでいませんか?

  • 幸せだった妻との時間を取り戻したい
  • こんなはずじゃなかった結婚生活
  • 当たり前の普通の家庭を送りたい
  • 妻の心を動かせるにはどうすればいいい?

大好きで結婚したはずの妻と一緒に暮らし時間も長くなってくると、残念ながら恋愛感情も薄れてくるものです。

 

しょせん他人ということもありますが、どうしても生活や考え方というより男女の違いがあるのでしょうか?生活のズレが生じてくるのは当たり前。
たとえ血がつながっている家族であっても衝突するのに、他人となればなおさらかもしれません。

 

さらに、妻への気持ちが薄くなってしまい、ほかにもあなたのやりたいことや仕事の理解がなくなれば、もはや窮屈な毎日を過ごすしかありません。
恋愛の気持ちがなければ相性の問題ということ。

 

家族の関係を壊したくない、ではどうすればいいのか?

 

やはり、切羽詰まってしまえばプロに相談を受けるしかありません。
でも外国では夫婦カウンセラーとかよく聞きますが日本にはまだそんなものは聞いたことありません。

 

じゃあどうすればいいのかというと、日本でも経験豊富な人が作ったノウハウがあります。

 

周りにいる女性でなく、多くの恋愛コンサルを受けている女性の視点であなたのことをどう思うのでしょうか?

 

当サイトでは「離婚を回避できる手紙の例文」で悩んでいるあなたにアドバイスをしていきます。よろしかったら参考にしてみて下さい。

 

 

\女性心理カウンセラーが編み出した奥の手/

〜気持ちをスッキリさせたいなら〜

 

 

 

 

離婚を回避できる手紙の例文ってある?

r

 

    妻と子供と別居、自分一人ぼっちの生活へ

    子供と会える時間が制限されてしまう

    妻から離婚宣告され養育費に追われる日々

    子供が精神的に参ってしまい将来が心配

    別居という不安定な状況のまま先が見えない

妻と険悪な関係になってしまった。

 

離婚したくないのですが、「あくまでお互い冷静になるための冷却期間だから」と妻にしがみつき、自分は離婚反対の思いをぶつけています

 

でも妻は、数少ない電話や子供との面談時に口にするのば「離婚のことや離婚の手続き」のことしか話しません。

 

妻の心を動かせる一言って分からない。でも手紙でなんとか妻の心を動かし、ぶっちゃけ今までどおりの生活を続けていていきたいと思ってませんか?

 

もう一度家族みんなで暮らしたい

 

でも何を手紙に書いたらいいのか、どうやったら、妻を変えられるのか分からないと思います。

 

このまま家族がバラバラになってしまい、みんな不幸への道へと一直線に進んでしまうのは避けたいですよね。

 

 

妻が離婚を考え直す手紙を書く言葉とは

r

 

妻が怒っている本当の理由を多くの男性は勘違いしています。

 

妻ともういちど仲直りするために、いったいどんな内容の手紙を書けばいいのでしょうか?

 

  • 妻の心を動かせる言葉と行動がわかる
  • 前向きな気持ちで対処できるようになる
  • 妻である女性特有の気持ちがわかりリードできる
  • 自分がこれからどうしていけばいいのか分かる
  • 専門家からだのアドバイスで離婚の周辺知識が分かる

まさに目から鱗がおちるマニュアルに出会いました!

 

離婚を回避できた夫婦の成功例をもとに、より復縁の可能性を高めてくれるとっておきとはこのことです。

 

安易な謝罪で「今度もなんとかなるだろう」と思っているかもしれませんが、知らないうちにとんでもないことが起きているのです。

 

妻の「許さない」っていう感情はそうそう消えないもの。

 

それどころか、その思いはますます積み重なり、怒りが沸点に到達し爆発、もはやとりかえしがつかなくなってしまうことが予想されるのだそうです。

 

妻の心理状態が段階的に手に取るように分かり、妻の気持ちを変える手順が効果的に分かります。

 

そして、長年の研究をしてきた専門家の作った手紙の例文もあります。

 

妻に気持ちを変えさせて、離婚を考え直させるためには、

 

実績のある、復縁に成功できた成功例を真似すること!

 

さらに、協議離婚、離婚調停の進め方も書いてあり、これからのことを事前に学び、どうやって心の準備していけばいいのかもわかり、場面での対応も準備できるのです。

 

ですからあなたはきっと心の余裕を持ちながら、復縁への道と進めることができるのです。

 

マニュアル内容

  1. どうして妻は許してくれないのか?
  2. 妻から 許してもらい、離婚を回避する方法
  3. 話し合いで離婚をせまられている場合の対応方法
  4. 離婚調停で離婚を回避する方法
  5. 妻に送付する手紙のサンプル
  6. ケース別 離婚の心理アドバイス
  7. 離婚の法律知識を知っておこう

こちらのノウハウの作成者は、離婚の経験と心理学に基づいたポイントをまとめた集大成なもの。

 

たしかに私も別居中に藁をもすがる気持ちでこのノウハウに出会い、妻と話し合いの末、今では家族みんなで騒がしい日々を取り戻せました。

 

 

\女性心理カウンセラーが編み出した奥の手/

〜気持ちをスッキリさせたいなら〜

 

 

確かに費用はかかるが

r

 

費用は結構高いかもしれない

自分の場合は特殊ケースだからダメかもしれない

妻の気持ちが変わるのか不安

やっぱりダメで離婚へ発展するかもしれない

一時的に金銭面で負担がある→他サービスより全然安いです。
マニュアルなので自分の場合には当てはまらないかも→専門家から言わせるとまたいつもと同じ悩み同じパターンかという感想です。
妻が本当に変わるのか→まずは自分から変わらなければなりません。そのための心構えがわかります。
離婚となったらどうしよう→あなたが本当に離婚したくなければお金と時間、そして覚悟が必要。

 

 

とにかく仲直りしたい、復縁成功の鍵のメリット

r

 

今や、3人に1人が離婚してしまう時代と言われていますが、まさか自分がそうなるなんて思っていたでしょうか?

 

妻の気持ちを変えてとにかく復縁したい

 

でも夫婦の長い間はいろいろとあるもので、今はお互いに頭に来ていることもあるかもしれません。

 

もし、感情的に決断し、別居となってしまうとあなたは

 

今、生活が一変してしまいませんか?

  • 離婚問題に長らく接したプロから復縁の成功例のパターンを学べる
  • どうしたら女性の心を変えられるのかの本質が分かる
  • そのための妻への手紙の書き方のポイントが分かる
  • 購入すれば著者からのメールサポートを受けられるので安心

いくらあなたがつらくて寂しいと思って嘆いてみても、妻が離婚を決心したのなら、あなたの気持ちと関係なく、離婚の道へとズンズンと進んでいくことでしょう。

 

さらに別居が続いてしまうと、妻との離婚の可能性がかなり高くなってしまいます。

 

妻は「離婚」のことでいつも頭がいっぱいになっているからです。

 

だから、後悔してもしきれない人生の選択を避けるためにも、これからあなたは積極的に行動していくことが必要。

 

 

幸せな時間、そして家庭を取り戻そう

r

 

幸い、まだ妻が別居と話し合いだけで離婚しようとしているのなら、まだ十分に修復のチャンスがあります

 

なんでもないような普通の幸せが一番の幸せだったはずです。

 

妻がどうして離婚をしたいと思ったのか、どうして怒っているのかを知らなければ、今のピンチはどうやっても乗り越えることは難しいでしょう。

 

「人は人を変えられない。人を変えることができるのは自分だけ」と言われています。
自分が変わり、妻や家庭の空気を変えていけば、これまで以上の理解が深まる家庭を再構築できるのではないでしょうか?

 

妻は結婚してからは将来的な幸せなプランを考えていたはずです。
誰も、離婚しようとして結婚するわけではありません。

 

夫婦間の亀裂を生まないためにも、そのプランに沿えて安心できるような気持ちになれる言葉をかけていく必要があります。

 

決断しないことは、

しばしば間違った行動よりも悪い。
H.フォード

 

今こそ妻の笑顔、家族みんなの笑顔を取り戻しましょう。

 

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法

r

 

仲直りできずに離婚となると何十倍、人によっては何百倍ものお金が動いてしまいます
さらに、家族一人ひとりの未来がめちゃくちゃになってしまいます。

 

妻の気持ちを変えたい、離婚を考え直す手紙を書きたい、火種が少しでも小さいうちに動かなければ、家族みんながとんでもないことになります。

 

あのとき決断しておけばよかったと後から後悔しないでください

 

人生の岐路に立たされているあなたが、今まさにとるべき行動を知ってほしいと思います。

 

ここまでやりきったのにダメだったと思うのであれば仕方ないとあきらめることも一つの選択です。

 

実際に妻から離婚の話がでると、時間はもうほとんどありませんので早めの行動が必要です。動き出した人から、人生は少しずつ変わるはず。

 

少し値段が高めで躊躇すると思いますが、ほかで頼むより圧倒的に安く、無制限のメールサポートでいつで相談できるので助かります。

 

 

\女性心理カウンセラーが編み出した奥の手/

〜気持ちをスッキリさせたいなら〜